サッカーに限らず幅広く、コラムる予定です。


by okata04_05
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

不安、満載。

審判が活躍した結果の初タイトル。天皇杯決勝へ4回進み、全てピッチから優勝トロフィーを見る形となったことへのプレゼントと思いたい。

で、内容だが、正直昨シーズンと崩壊した守備の何が変わったのかわかならい。
もちろん監督が代わっていないのだから、基本的には同じなんだけど、相変わらずディフェンスラインとキーパーにプレッシャーをかけられ、センターラインあたりでボールを奪われるシーンは昨シーズンと同じ。

なんでディフェンスラインやボランチを経由してのボール回であれだけ苦慮するのだろうか。
ポゼッションを優先するチームに対しては、FWが連動して一方からディフェンスラインにプレスをかけてパスコースを限定し、攻撃的MFがボールの受け手となるボランチ等に予測してプレスをかける。これは相手がサンフレであろうと、G大阪であろと、変わりないはず。それがサンフレだと、高い確率でボールを奪われるか、もう1度キーパーまで戻すことが多い。これではリズムがつくれず、前の選手と呼吸があうはずがない。

ショートパスをつなぐことはいいんだけど、つなぐことが目的化し、それがボールを奪われるたびに、よりその目的が先鋭化するのが大きな課題。柏木や森崎和がいれば、逆サイドやスペースのあるところにボールをさばくのだろうけど、さばき役が属人化していては、たとえJ2であっても通用するはずがない。この試合ではバランサーたるワンボランチの青山の低パフォーマンスに、森崎浩がその役割をすることで桑田の負担が増し、ボールに触れないFWが下がってしまう悪循環で鹿島に支配されてしまったが。

監督は同じなのだから、昨シーズンの内容はほんとうの力を出し切れていないと捉えるのが、妥当だとは思うし、天皇杯をみれば、戦術を発揮できれば、内容は数倍にみえるのだろう。
ただ、今の戦術をベースにしていては、どれだけプレー精度をあげてもちょっとしたことで昨シーズンと同じ結果になるのではないかと思う。今の戦術は、柏木やボランチ森崎和がピッチにたってこそであり、それが天皇杯の結果である。駒野が去って、誰が右サイドをやるのかを議論する際に、サンフレにはセンターの選手が選出に頭が痛いというイメージがあった。柏木、森崎浩、森崎和、青山、戸田、高萩、高柳、リハンジェ、桑田と。しかし、J1で通用するレベルに達しているのは、結果としては、前の3人ぐらい、期待も込めて青山、戸田までとしか判断できない。

J2のチームがこの日の鹿島ほど連動した守備を長い時間展開してくることはないだろうけど、J1でも同じ戦い方を通用させるためには、J2チームの展開する連動した守備をG大阪のようにショートパスで破り、高いポゼッションを保てないと、同じ過ちを繰り返すことになる。

小生は今のサンフレの戦術は、個人的には好きだ。できればこの戦術を高めて欲しい。
しかし、J1で優勝を争うチームにしたいという戦略をとるのであれば、この戦術では実現の可能性は限りなくゼロに近い。J1復帰は大前提であるが、エレベーターでは意味がない。やるべきことは、柏木、森崎和のような常に展開を意識したボール回しの確立。ボールをまわすことは手段であり、目的ではないことの再確認を。
[PR]
# by okata04_05 | 2008-03-01 22:30 | Soccer
北朝鮮戦は、後半のみ見たが、先制点を奪われたことで、FW1人残して、スペースを消して、カウンター展開になり、フラストレーションが溜まる内容だったけど、追いついたことに及第点としてよかった。

しかし、この中国戦は、さすがに前回のアジア大会ほどではないにせよ、ある程度予想はできたけど、ここまであからさまな中国よりのジャッジ、そして審判は北朝鮮とわかった時点で怒りを通り越して、やれやれというしかなかった。

結果のみで内容は、怪我しないことなくクローズしたことに及第点だったが、安田の怪我の状態が気になる。韓国も予定調和的に北朝鮮と引き分けたことで、韓国戦には勝利を求められるが、日本対韓国となると、審判は中国か。なんとなく、不可解なPKで敗戦って感じになりそう。

とはいえ、この大会って必要なのだろうか。
やるならば、バレーボールのように毎回日本開催にしたほうがいいのではないか。少なくとも選手を守る意味では。できないのであれば、ハンドボールのように審判を全くの第3国から呼ぶぐらいはできないのであろうか。

救いは、サンフレから選手を招集されなくてよかった。
[PR]
# by okata04_05 | 2008-02-21 09:24 | Soccer
日本とタイの力関係を考えれば、この結果に満足だし、別に流れからの得点がなくても不満はない。
始めから引き分けを狙い、引き気味で中央を固めてるわけだし、身体能力に秀でた選手がいるわけでもないので、簡単には突破できるわけない。オフシーズン中ということもあるし、怪我もなく、不要なカードもなく勝ち点3をとれたからそれでいい。

テレビで見ていると、やはり全体的に空席が目立ったが、サンフレのホームほどではないし、平日の夜で雪が降るぐらいの環境なら3万人入れば十分ではないだろうか。そもそも3次予選で、相手はグループでもっとも力の劣るというか日本と噛み合わせのよいタイ、グループ2位でもOKと、これだけ甘い条件だと、それほど危機感もないし、焦燥感もない。スタジアムで応援しようとする動機付けは弱い。

協会はこれまで代表ブランドにどっぷり浸かり、その基準がスタンダードとしか認識できないから、現状を正しく捉えられないのであって、W杯出場が3回続き、それはなんとかして手に入れるものから、手に入れて当たり前という認識にスライドした状況にあっては、この結果は至って正常だろう。

ただ、小生としては、この3次予選のぬるさが、はがゆい。
[PR]
# by okata04_05 | 2008-02-06 22:49 | Soccer

リサイクル、on。

2月に入り、そろそろ福井ともお別れのカウントダウン。
引越しに備えて、必要ないものを処分しようと、捨てるのももったいないし、リサイクルに。
当然その系統のお店にもっていいっても二束三文だろうし、オークションに出すことに。

今まで引越しのたびに必要ないものは捨て、またできるだけモノを買わないようにしてきたので、なかなかオークションで価値が見いだせる物がないなか、大人買いした漫画を出品することに。

大手古本屋では1冊100円つけばいいほうなので、定価の半額×冊数で出してみると、あっという間に落札に。他の出品も参考に希望額も明示したら、わずか30分で終わってしまった。これならもっと値段を吊り上げるように希望額を明示しなければと思いつつも、他の出品者ではなく小生を選んでくれたことになぜか満足感。

自分の物はあまりないから嫁さんにもオークション紹介してみようかな。
[PR]
# by okata04_05 | 2008-02-04 22:55 | Diary
こうした問題は、昨日今日の問題ではなく、中国においても野菜を洗う洗剤があるぐらいだから、残留農薬は当たり前なのだろう。
個人的にはは、うなぎぐらいは安心料金として国産のものを買うぐらいの予防策だけど、こうした冷凍食品は今回のように症状がはっきりするもの以外に安全基準を超えるものが内在されていると思う。

その前提を認識しながらも、それならば生活にするに当たって中国産を全て除外しているかといえば、そういうわけでもなく、特に外で食事をすれば、その料理の中には中国産で溢れているだろう。そういうことを頭で認識はしているが、それが危険であるとは認識せずに、それこそ今回のように問題があってからその商品を避ける程度。

既に現在の低価格のなかには中国産という諸刃の刃が内包されているのだが、それを取り除くことは事実上できない生活に浸かっているなかで、せめて子どもたちにはそういうものを口にしてほしくないと思いながらも、子供向けのおもちゃが全てmade in 中国であることになんかやるせないものを感じる。
[PR]
# by okata04_05 | 2008-01-30 23:05 | Diary