サッカーに限らず幅広く、コラムる予定です。


by okata04_05
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:Soccer( 187 )

大久保の退場を遠因に、佐藤寿が代表を選ばれ、水戸戦は誰がトップに入るのか楽しみにしていた。
予想では、スタメン久保で途中から平繁かと思いきや、スタメンにはFW登録選手がいない。
昨シーズン、ローマがみせた「ゼロトップ」システム。
おそらくしっかり準備されたものでなく、ポゼッションを高め、連動性からスペースをつくり、スペースにでていくコンセプトをFWの領域まで広げたものだと思う。

柏木にそこまで期待させるものがあったのか、結果から見れば、機能せず、結果を見せたFWをスタメンにいれたほうがベターという内容。
次節は佐藤寿が復帰するけど、柏木の復調はまだまだといった感じ。森崎浩、高萩の壁を越えるまでコンディションは戻っていない。柏木は絶対に必要となる選手なので、オリンピック明けまでには復調を期待したい。
[PR]
by okata04_05 | 2008-06-22 14:13 | Soccer

不知、それとも未周知。

神戸に異動になり、これまでなら職場の社宅に転居していたのだが、そろそろ上の子も幼稚園ということで、京都で借家に住むことに。
となると、必然的に通勤が今までに経験のない遠距離通勤で、乗り換えが少ないのがせめてものすくいなのだが。実質1時間半ぐらい電車に揺られるので、電車内では、本を読んだり、携帯でテレビを見たり、音楽を聴いたりと。

そろそろネタも尽きてきたころに、うまいことEORO開幕。しかもTBSが地上波放送するみたいで、通常なら時差に苦しんで生観戦はできず、かといって録画しても、ネットで結果を知ってしまう。前回のEUROのときも録画しても見ないままということも多かった。

そんなわけで早速スイス×チェコから携帯で録画したが、地元チームかつ開幕戦という盛り上がりのわりには、早送りで見るぐらいの内容で、一応見るだけ見て、削除。
本命はグループCのオランダ×イタリア。
代表チームに思い入れはないけど、草サッカーを始めて最初に購入したレプリカユニフォームがオランダということもあって、毎回世界大会では、オランダを応援することにしていた。

しかし、予想外の結果に、予想外の内容。
とてもグループリーグの試合とは思えない好試合だった。イタリアがあれだけ前からプレスをかけるのって初めて見た。戦前の予想とはテレコの試合展開で、審判のコントロールも素晴らしく、久しぶりにあっという間の90分を堪能できた。

で、その試合内容を遠因たる早い時間帯でのオランダの先制点。
スローで見る限り、あきらかにオフサイドだと思うんだけど、ゴール認められる。UEFAも公式に認め、その理由がゴールラインの後ろ、つまりピッチの外にいたイタリアの選手がアクティブとみなされる。まぁ、自分から出たならわからなくもないけど、選手同士の衝突等で外に出ることもあるんだから、倒れている選手までアクティブってのはどうなのかなと思う。これが認められると、ゴール前のセットプレーのときは主審の笛が鳴らない限り、ボールがアウトするまではプレーを続けないといけないということなのか。

これは、ルールとして明文化されているのか、それとも運用なのか。
[PR]
by okata04_05 | 2008-06-10 10:52 | Soccer

ようやく、一息。

転勤で福井を離れて、神戸に異動になって、仕事も初めてのもので、今更ながら新しい知識を、しかも膨大に身につけなければならなくなり、なんだかんだで、ようやく更新。
今後も定期的に更新していこうとは思うけど、できるかどうか・・・不定期かな。

代表戦は、オマーン(A)を見たが、やってくれるね、大久保。
あれだけ、蹴りのシーンがリプレイされれば、レッドカードもやむを得ないでしょう。決定機はあったので、決めていれば、精神的にも余裕があっただろうに。ただ、次の試合は、FWは誰にするのか。個人的にはブラジル戦後のコメント以降、玉田は信用できん。FWに拘らず、山瀬でいくかな。

サンフレは、結果は好調。内容も薄氷もありながらも、及第点かな。
ストヤノフに相手FWがプレッシャーをかけてくるってのもJ2ならではかなと思うけど、降格のJ2で昇格の目のないチームも自分たちのサッカーを貫いてくれるので、ドン引きのチームに攻めあぐねて、カウンターをくらうこともないので、なんとなく昇格についても楽観的。

で、予想どおり戸田は出場機会を求めて、千葉へ。これは既定路線だから織り込み済みだろうけど、ダバツともサヨナラはちょっと意外。決して豊富でないDFの層。去年の轍を踏まないように、MFをDF起用しない方向だし、戸田とバーターで結城を獲得したことで解決するのかな。

J1へ向けては、やはり右WBが問題かな。
J2ならリハンジェでもいいんだろうけど、もっと縦に抜けれないとつらい。今の戦術では、WBは相当のスタミナを要求されるので、90分のなかでは、ある程度バランスが必要だけど。クロスの精度も駒野に匹敵ってわけでもないので、今更リハンジェにレベルアップを期待するのもあれだし、だからと言って、現状他がいるわけではないので、選手を代えるか、戦術を変えるか、それとも監督を代えるか。
まぁこの辺が今後の課題かな。

しかし、なかなかサンフレの試合を生観戦できない。
関西での試合というと、C大阪ぐらいしかなく、しかも長居では1回のみ。
広島に行って見るしかないが、広島で行くには、時間があるのか・・・。
[PR]
by okata04_05 | 2008-06-09 22:20 | Soccer

不完全燃焼、消化不良。

サンフレは今週はお休み。
第4節までで3勝1分で首位と結果としては問題なし。内容については、ダイジェストのみなので言及できないが、J2でもポゼッションは支配しているとは言えない状況。
甲府の出遅れは意外だったけど、第2クールでは結局降格3チーム+C大阪で争うのではないかと思う。

で、代表。
まぁ久しぶりにグダグダの試合内容。
中盤を省略した蹴り合いのサッカー。いくらリスクヘッジといっても、ボールを回すのが日本のサッカーなのにそれを捨てるとは、相手は格上でもなく、少なくともアジアの中では格下のはずなのに。
何を恐れていたのか。自分たちのサッカーを展開したうえで、今回のような事故のような失点で敗れたなら、2位通過でもかまわないといえるが・・・。南アフリカでは予選突破を考えているチームが、アジアの予選でこの内容のサッカーを展開するようでは、先が思いやられる。

オリンピック組はとにかくサンフレから召集される選手がいないなかで、昇格を争うチームから召集されることを反町っすに期待。柏木、青山が選ばれないように。、ボランチ、トップ下にOA枠で誰か招集してくれないかと期待。
[PR]
by okata04_05 | 2008-03-27 23:41 | Soccer

42分の1の、勝利。

Jリーグが開幕し、今年もBSで京都戦を、総合で東京Vと、昇格チームの試合を見たが、京都は対応力が、東京Vは執念が画面から伝わる試合で見ていて面白いしあいだった。

柳沢は相変わらずだし、フッキは川崎のカラーとは異質すぎて、最前線のフタにならないかと3トップにやや疑問。監督力に期待か。

さて、今シーズンはJ2のサンフレだが、試合の内容を見ていないので、というか見れないので、結果のみだが、無失点に抑えたことで一定の評価としたい。J's GOALlのレポを見る限り、ポゼッションを標榜しながら、カウンターを警戒しすぎて、ややgdgdな感じだったけど、監督をJ2仕様にメンテナンスできるかが全てのような気がする。

サンフレのHPからスタメンを見る限りは、昨シーズンと変わらない。ボランチを1枚なのか2枚なのかがわからないが、青山が平繁のシュートのこぼれを押しこむ位置にいることからみると、森崎浩とのダブルと思うが。

それにしても控え選手をみると、豪華な面々だが、それ以上にJ1で見慣れた7人ではなく、5人というのはたった2人だが、影響は大きい。今のところ柏木、森崎和を欠いているけど、この二人が戻ってきたら、誰が弾かれるのだろうか。オリンピック予選もあるので、うまくローテーションできる時期もあるだろうけど、この日のようにFWを2人入れると、残りは厳しい。やはり、高萩、高柳、桑田、森脇はベンチすら厳しい模様。
[PR]
by okata04_05 | 2008-03-09 23:09 | Soccer

不安、満載。

審判が活躍した結果の初タイトル。天皇杯決勝へ4回進み、全てピッチから優勝トロフィーを見る形となったことへのプレゼントと思いたい。

で、内容だが、正直昨シーズンと崩壊した守備の何が変わったのかわかならい。
もちろん監督が代わっていないのだから、基本的には同じなんだけど、相変わらずディフェンスラインとキーパーにプレッシャーをかけられ、センターラインあたりでボールを奪われるシーンは昨シーズンと同じ。

なんでディフェンスラインやボランチを経由してのボール回であれだけ苦慮するのだろうか。
ポゼッションを優先するチームに対しては、FWが連動して一方からディフェンスラインにプレスをかけてパスコースを限定し、攻撃的MFがボールの受け手となるボランチ等に予測してプレスをかける。これは相手がサンフレであろうと、G大阪であろと、変わりないはず。それがサンフレだと、高い確率でボールを奪われるか、もう1度キーパーまで戻すことが多い。これではリズムがつくれず、前の選手と呼吸があうはずがない。

ショートパスをつなぐことはいいんだけど、つなぐことが目的化し、それがボールを奪われるたびに、よりその目的が先鋭化するのが大きな課題。柏木や森崎和がいれば、逆サイドやスペースのあるところにボールをさばくのだろうけど、さばき役が属人化していては、たとえJ2であっても通用するはずがない。この試合ではバランサーたるワンボランチの青山の低パフォーマンスに、森崎浩がその役割をすることで桑田の負担が増し、ボールに触れないFWが下がってしまう悪循環で鹿島に支配されてしまったが。

監督は同じなのだから、昨シーズンの内容はほんとうの力を出し切れていないと捉えるのが、妥当だとは思うし、天皇杯をみれば、戦術を発揮できれば、内容は数倍にみえるのだろう。
ただ、今の戦術をベースにしていては、どれだけプレー精度をあげてもちょっとしたことで昨シーズンと同じ結果になるのではないかと思う。今の戦術は、柏木やボランチ森崎和がピッチにたってこそであり、それが天皇杯の結果である。駒野が去って、誰が右サイドをやるのかを議論する際に、サンフレにはセンターの選手が選出に頭が痛いというイメージがあった。柏木、森崎浩、森崎和、青山、戸田、高萩、高柳、リハンジェ、桑田と。しかし、J1で通用するレベルに達しているのは、結果としては、前の3人ぐらい、期待も込めて青山、戸田までとしか判断できない。

J2のチームがこの日の鹿島ほど連動した守備を長い時間展開してくることはないだろうけど、J1でも同じ戦い方を通用させるためには、J2チームの展開する連動した守備をG大阪のようにショートパスで破り、高いポゼッションを保てないと、同じ過ちを繰り返すことになる。

小生は今のサンフレの戦術は、個人的には好きだ。できればこの戦術を高めて欲しい。
しかし、J1で優勝を争うチームにしたいという戦略をとるのであれば、この戦術では実現の可能性は限りなくゼロに近い。J1復帰は大前提であるが、エレベーターでは意味がない。やるべきことは、柏木、森崎和のような常に展開を意識したボール回しの確立。ボールをまわすことは手段であり、目的ではないことの再確認を。
[PR]
by okata04_05 | 2008-03-01 22:30 | Soccer
北朝鮮戦は、後半のみ見たが、先制点を奪われたことで、FW1人残して、スペースを消して、カウンター展開になり、フラストレーションが溜まる内容だったけど、追いついたことに及第点としてよかった。

しかし、この中国戦は、さすがに前回のアジア大会ほどではないにせよ、ある程度予想はできたけど、ここまであからさまな中国よりのジャッジ、そして審判は北朝鮮とわかった時点で怒りを通り越して、やれやれというしかなかった。

結果のみで内容は、怪我しないことなくクローズしたことに及第点だったが、安田の怪我の状態が気になる。韓国も予定調和的に北朝鮮と引き分けたことで、韓国戦には勝利を求められるが、日本対韓国となると、審判は中国か。なんとなく、不可解なPKで敗戦って感じになりそう。

とはいえ、この大会って必要なのだろうか。
やるならば、バレーボールのように毎回日本開催にしたほうがいいのではないか。少なくとも選手を守る意味では。できないのであれば、ハンドボールのように審判を全くの第3国から呼ぶぐらいはできないのであろうか。

救いは、サンフレから選手を招集されなくてよかった。
[PR]
by okata04_05 | 2008-02-21 09:24 | Soccer
日本とタイの力関係を考えれば、この結果に満足だし、別に流れからの得点がなくても不満はない。
始めから引き分けを狙い、引き気味で中央を固めてるわけだし、身体能力に秀でた選手がいるわけでもないので、簡単には突破できるわけない。オフシーズン中ということもあるし、怪我もなく、不要なカードもなく勝ち点3をとれたからそれでいい。

テレビで見ていると、やはり全体的に空席が目立ったが、サンフレのホームほどではないし、平日の夜で雪が降るぐらいの環境なら3万人入れば十分ではないだろうか。そもそも3次予選で、相手はグループでもっとも力の劣るというか日本と噛み合わせのよいタイ、グループ2位でもOKと、これだけ甘い条件だと、それほど危機感もないし、焦燥感もない。スタジアムで応援しようとする動機付けは弱い。

協会はこれまで代表ブランドにどっぷり浸かり、その基準がスタンダードとしか認識できないから、現状を正しく捉えられないのであって、W杯出場が3回続き、それはなんとかして手に入れるものから、手に入れて当たり前という認識にスライドした状況にあっては、この結果は至って正常だろう。

ただ、小生としては、この3次予選のぬるさが、はがゆい。
[PR]
by okata04_05 | 2008-02-06 22:49 | Soccer
代表戦は、シーズン中だから当たり前だがチリのコンディションの高さに終始圧倒された試合内容だった。とにかく1対1で勝てないし、複数で囲んでもなかなかいい形でマイボールにできないので、攻撃にリズムがでなかった。

全体的にパスミスが多くて、フラストレーションが溜まる展開で、ディフェンスラインとボランチのボール回しも手段ではなく目的になっていた。狙いのサイドからの攻撃も左サイドを何度か駒野が破ったぐらいで、右は相手の3トップのケアに守備が手一杯だった感じ。

とはいえ、日本はシーズンオフだし、当然コンディションもまだまだなので、大久保の見せ場でおつりのくる試合内容だったのではないかと思う。

個人的には、オシムの最初の頃に呼ばれていた山瀬に期待したいし、できればルマンの松井も呼ばれるようになってほしい。遠藤にしろ、中村俊輔にしろ、中村憲剛にしろ、パサーとして、フリーキッカーとしての魅力は感じるけど、やはりスピード感のあるフィニッシャーに期待したい。また、月なみだけど、フランスW杯予選の岡野のようにスピードを売りにしたというような一芸に秀でた選手の登場に期待したい。
[PR]
by okata04_05 | 2008-01-27 22:36 | Soccer

回帰、歓迎

前回J2に降格したときにサンフレを離れた久保が戻ってきた。
昨シーズンも横浜FCで開幕戦の印象しかないままに、引退するのかと思っていたし、横浜FMから横浜FCに移籍したときも生活環境を優先したものだったから、サンフレに来るとは予想外だった。

これで、FWは佐藤寿、平繁、久保+ルーキーの面々。平繁を軸にするとクラブ幹部は認識しているようだが、まだシーズンを通しての出場の経験のない、しかも試合数の多いJ2で軸と考えるのはミスリードだろう。当然コンディションが心配な久保にシーズンを通しての活躍を期待するのはムリ。
となると、当然ヴェズレイに代わる選手をとってこないといけないが、結局トルコキャンプでテストするとのこと。もし及第点に及ばない選手だったらどうするんだろうか・・・。

ただ、久保復帰にはいい面もあり、不動の左WB服部の復活が期待できると思う。決して空中戦に強くなかったFW陣に久保が入れば、アバウトかつふんわりとしたクロスからでもゴールの可能性が高まるし、そこまでの攻撃でよしとできれば、服部のパフォーマンスは安定するはず。ただでさえ、駒野が抜けて右サイドが不安定なので、左サイドの安定が不可欠。

新外国人の問題を抜けば、あとは右サイドを含めた中盤の構成が問題。誰を右サイドに固定するのかで変わってくるけど、昨シーズンと同じならトップ下に2人とワンボランチが誰なのか。天皇杯をみれば、森崎和のワンボランチに、柏木・森崎浩のトップ下か。高萩、高柳、青山、リ・ハンジェがベンチに控えるのか。控えの中から右サイドの適任者は・・・、消去法で高柳なのか。やはり右サイドから駒野ほどではなくとも安定したパフォーマンスがみられないとJ2は厳しい。
[PR]
by okata04_05 | 2008-01-26 21:34 | Soccer